マイナンバーが狙われる

マイナンバーが狙われる

マイナンバー制度が成立し、国民1人1人に個人番号が与えられるのはこのサイトでも説明しましたが、詳しいことがわからない人も少なくないです。むしろ、わからない人が多いはずです。

そこをツボとして狙われてしまうことも少なくないとみているそうです。

マイナンバーに関する電話を、電話帳から調べ、お年寄りであろう人間、名前を探し、電話をしてマイナンバーを詳しく教えるからなどなどうまいことを引っ張ってマイナンバーを聞き出し、簡易に信用してしまうお年寄りも被害者が増えるだろうとみています。例えば、下記のようなケースが予想できますよね。

還付金詐欺、節税詐欺の派生による悪用

還付金詐欺のために相談相手のいなそうなお年寄りに「マイナンバー導入に伴ってお得な節税法があります」とおすすめをする。また行政を名乗って、400万円節税できるから、保証金として40万円支払ってくださいなどといってお金を振り込ませる手もあると思います。


流出詐欺

あなたのマイナンバーの情報が流出しており、犯罪に使われる可能性があるので至急止めますから番号を念のため伝えてくださいと聞き出す手もあるそうです。どうみてもよくあるなりすまし詐欺にある内容に聞いたことがあるでしょう。

なりすまし詐欺

お年寄りはいまどきの詳しい情報に疎かったり、難しすぎてわからなかったり、1人暮らしは、相談できる相手が居ないため、ついついそうのっかってしまうことが多いです。なりすまし詐欺も同じです。


訪問してくる公務員などにも注意が必要

また行政や警察官を名乗って、訪問したり、電話をかけたりするケースもこれから増えてくるだろうと感じます。まだまだオレオレ詐欺も減っていないむしろ増えているので、高齢者にはとくに今以上に注意をした方がよいと思います。


あらゆるケースに想定した内容で対策が必要

このような詐欺は、いったい、どんな人から マイナンバーは?と聞かれるのか?が疑問かと思えます。銀行口座は、警察所や銀行員から電話では聞き出しはしないはずですがマイナンバーとなったらどんな人までが聞き出しできるのか?直接カードを見せないと実施できない仕組みにするなど工夫が必要だと思います。我々も聞かれたら怪しいと疑うのも1つだと頭に入れておかねばならないと感じています。

マイナンバーで、メリット、デメリットがありますが高齢者にはとくに、言葉に弱いので大変注意が必要だとおもっています。