マイナンバー検定の合格率、受験方法

マイナンバー検定の合格率、受験方法

国会でマイナンバー法が成立し、導入予定となっております。マイナンバー制度は、情報管理が、便利になることがありますが、情報漏れが不安な世の中です。最近は、年金事件がありました。とても大事なことです。

そんな簡易に成立していいものなのか?が疑問に残るばかりです。

マイナンバー検定というものがあります。
早く取得すると、早く経験を積むことができます。合格すると、合格証書と、合格カードがもらえます。試験会場は、ほとんどが、大学で会場として使われることが多いそうです。

受験料、少しお高くないですかね?

実務検定3級は、受験料が6000円。
実務検定2級は、受験料が8000円。
実務検定1級は、受験料が10000円。

級で値段が違うことには、驚きました。それにしても、意外といいお値段します。
実は、1級・2級・3級の、どの級からでも受験できるのです。そして、午前中に開催される1級と3級は、午後に開催する2級と併願ができるのことです。


午前中に行われる、情報セキュリティ管理士認定試験と企業情報管理士認定試験と情報セキュリティ初級認定試験とマイナンバー検定2級を併願できるそうです。


検定だらけで、混乱になりますが、資格マニアは、間違いなく、取得するそうです。
合格するとメリットは「マイナンバー制度」の知識が身に付き、その活用リスクを身につくことができます。


国民の福祉や税や災害時の管理に役に立ち、大変有利であります。その逆に、不適切に利用される事件にが起きたり、巻き込まれたりし、プライバシーを侵害されるようなことが起きることが増えると思われます。

試験はマークシート?

これを勉強することで、プライバシーなど、様々なリスクから防衛することができるようになります。自らのナンバーがどのように利用されるかを厳しく見ていくことができる可能性も出来ます。検定に向けて、どんな問題をそろえばいいのだろうかと疑問が出ます。 それはサンプル学習や、ガイドライン学習などで、試験にむけてマークシートになるので 読むだけでも、大変理解が深まる可能性もたくさん出てきます。


またマイナンバー検定のために、ビデオ講習というものがあり5時間ほどの講習もあるようなのでなかなかいい勉強方法になります。受験申請には、郵送やネットでも申請できます。

お仕事でも役立ちそうですし、マインナンバー対策を考えてる総務のお仕事をしているひとにはこれを機会に受けてみる検討もありだと思います。

詳細は当サイトのお役立ちリンクにマイナンバー検定試験のリンクを貼っております。