マイナンバー検定

マイナンバー検定

マイナンバー法、マイナンバー制度を理解して、正しく対応できるためのマイナンバー検定というものが出来ました。

主な概要

実務検定は1級~3級まであります。
内訳すると、
3級は、業務に直接かかわらない一般的な私たちのような人間のレベルです
2級は、業務、官公庁の管理、指導するレベルです
1級は、企業、官公庁の実務者のレベルです

マイナンバー管理士の同時に取得があり、マイナンバー実務1級と個人情報保護士認定試験の両方に合格をしている場合は、申請をすると、マイナンバー管理士というタイトル名に認定されます。


個人情報保護士に認定は、個人情報法の理解と有効利用、安全保護のエキスパートを認定するためです。


マイナンバーで個人情報保護士の任務の重要性が高まるだろうと期待しています。
企業や団体にマイナンバーを含む情報で特定個人情報は慎重に扱う必要とされる責任の重い役目です。


正当な理由がなく個人ファイルを提出したら4年以下で200万の罰金とされます。

11月に検定があります。現在のところ東京、札幌、仙台、福島、埼玉、千葉、横浜、静岡、浜松、名古屋、岐阜、津、京都、大阪、神戸、岡山、福岡、鹿児島、沖縄となっていますので機会がある人はいかがでしょうか。

就職や営業で有利になりそうだけど、予備知識としてもいいかも。

就職難といわれている就職活動でも今の世の中、厳しいものです。ところが、この検定資格を持っていると、就職活動にも有効にされることが増えています。


業者としては、有効な必要な資格を持っていると、使いやすいと感じるので就職活動されている方は、是非このマイナンバー検定などを受けるなりして資格を取っておくと大変有利だと思います。

どこの業者も、マイナンバーが実施されるためにいろいろと苦労、問題点もたくさん抱えていることが現実だと思います。

とくに会社の事務、人事部、総務部など個人情報を特に扱っている部署にはマイナンバー検定を受けるよう勧める会社も増えています。

一般の人でも受けれるので自分もどこまでわかるのか、勉強するだけでも意味が分かって一石二鳥になります。

自分がどこまで理解あるかお時間のあるときに情報収集して、この試験に受けてみるチャレンジもあると思います。