マイナンバーの簡単な基礎知識

マイナンバーの簡単な基礎知識

マイナンバーは、自分の番号の制度です。国民1人1人に与えられる制度になります。

もちろん、生まれたばかりの赤ちゃんから寝たきりのお年寄りまで、そして日本に滞在している外国人(結婚などで日本に住んでいる外国人)もすべて、全員が、1人1人の番号が与えられます。

マイナンバー制度(社会保障、税番号制度)は、税、社会保障、災害対策の分野の中で法律うあ自治体の条例で認められた行政の手続きに利用です。

基本的な概要

住民票を持つ国民1人1人に 12ケタ番号が与えられます。外国籍の方でも住民票が日本にあれば番号が与えられます。

ポイントは自分が亡くなるまでずっと変わらない永遠に続く番号なのです。
2015年10月に通知されます。2016年1月から利用ができます。

行政での手続きが省かれるので色々効率的

マイナンバー制度は、公的機関の手続きに利用され、行政や地方公共団体など公的な機関で手続きが省かれます。年金や社会保険、確定申告や災害の身元確認などに効率よく動けるのことです。

2016年1月からは、民間企業でも開始されます。


2016年1月以降に、ガス、銀行口座、など公共機関などにも利用されるのです。

4月は引っ越しがピークとされる時期でもありますが、これもマイナンバー制度で便利さができます。それは、住所変更、転出、転居届などわずらわしい手続きがネット上で見れてしまいます。

クレジットカードで税金や社会保険料などが納付できれば苦労が要らないです。 役所でも確定申告や行政側の個人手続きも楽になるのがメリットになります。


こうなると、2月の確定申告も楽になるわけですがなにしろ初めての導入なのっで役場も混乱して時間が倍にかかるんじゃないか?と不安も感じます。

マイナンバーのメリット

ただポイントは、マイナンバー制度のメリットは、脱税や生活保護の不正受給防止になるのことです。1つのカードでいろいろできるわけなので、役所も人件費カットされることでしょう。

あれこれ、便利が増えてこちらもたった1枚のカードですべてが、手続きができることを考えると便利だなぁと感じることがたくさん出てきます。

メリットもデメリットもありますが、成立した以上、前向きにどのよう に使われるか使うかをいろいろ考えながら使いこなしていくのがベストだと感じています。うまく使いこなしていきましょう。